会社案内

ごあいさつ

ハンザは管理組合さまの「仲間」として、よりよい大規模修繕工事の実現をサポートしています。

中世後期に、ヨーロッパ北部の経済圏を支配した都市同盟がありました。中心になっていたのはドイツ商人の仲間たち。その名を「ハンザ(hanse)同盟」といいます。ハンザ(hanse)とは、昔のドイツ語で「仲間」を意味する言葉。その単語を冠したハンザ同盟は「内に結束を、外に平和を」という理念のもとに活動し、相互に独立性と平等性を保つ緩やかな“組合のような”組織を形成していたそうです。最盛期には200を超える都市が加盟し、大きな相互援助のネットワークをつくっていったと言われています。
大規模修繕工事は、管理会社や工事会社ではなく、マンション管理組合さまが主体となって進めていく事業です。管理組合さまの結束がなければ、よい工事は行えません。ハンザ同盟のように平等性を大切にしながら、そこに暮らす全ての人に平和をもたらす工事を実現してほしい。そんな願いから、私たちは事務所の名称を「ハンザ」としました。修繕・改修の専門家として、マンション管理組合さまが抱えている不安には、的確な助言・提案を。疑問にはわかりやすく丁寧な回答を。ひとつひとつ対話を重ねながら、管理組合さまの“仲間”として、よりよい大規模修繕工事の実現をサポートしていきたいと考えています。

代表略歴

有限会社ハンザ 取締役社長 長尾洋児
平成2年4月 清水建設入社
マンションから、オフィスビル、商業施設、公共施設など、さまざまな新築建物の建築設計と設備設計を担当。デスクワークだけではなく、さまざまな現場での工事監理業務を経験。新築工事の施工技術の善し悪しを現場で学ぶ。
平成6年1月 トラスト建築企画株式会社入社
マンション大規模修繕工事の調査・設計を担当。また監理業務も数多くこなし、修繕・改修工事の施工技術にも精通。また、清水建設時代の経験を活かし、給排水設備の調査・設計・監理も行う。この時代に、数多くの大規模修繕工事を経験し、フラットな組織である管理組合にとって、いかに合意形成が大切であるかを学ぶ。
平成8年8月 同社専務取締役就任
建築設計だけでなく、設備設計も行える能力などが高く評価され、経営にも携わるようになる。管理組合さまを主体としたマンション大規模修繕工事の進め方など、独自のノウハウを構築する。
平成9年8月 一級建築士事務所ハンザを設立
管理組合さまの“仲間”として、よりよい大規模修繕の実現をサポートしていきたいという思いから、独立して事務所を開設。多くの管理組合さまに共感・賛同いただき、さまざまな修繕・改修工事のサポートを行う。
平成15年4月 ハンザの運営と並行して、株式会社フォルスの取締役就任
長年の経験から培った大規模修繕工事のノウハウを“仲間”である建築設計事務所と共有するために(株)フォルスの取締役に就任。
平成20年4月 有限会社ハンザ 取締役社長に就任
大規模修繕工事から、給排水設備の改修工事、さらに長期修繕計画の立案や修繕積立金についてのご相談など、マンション管理組合さまのあらゆるニーズに対応するべく組織形態を見直し、取締役社長に就任。

会社概要

社名 有限会社 ハンザ一級建築士事務所
所在地 〒105-0013 東京都港区浜松町1-13-2
ホワイトタワー浜松町2301
連絡先 TEL:03-6459-0703 FAX:03-6459-0704
代表者 取締役社長 長尾洋児
建築士事務所登録 一級 東京都知事登録 第56183号
主な業務内容 建物の劣化調査診断業務
改修設計業務
コンサルタント(工事会社選定支援)業務
工事監理業務
デザイン設計業務
加盟団体 NPO法人マンションリフォームオーナーズコミュニティ(内閣府国生第81号認証)
マンションリフォーム協同組合(東京都知事認可)
日本建物診断協会
建物診断センターグループ